スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沖神 長編 小説 『俺が欲しかったもの』 vol.4

銀「さて、1時間目のLHRは席替えだ!お前ら勝手に決めとけ。代表委員任せた!」

山崎「じゃあ、クジで決めます!一人ずつ取っていって下さい!」


席替えか…。
後ろの方がいいな…。

山崎「はい、次の人!」
沖田「俺でさぁ!」

取ってみると、番号は15番。席は…、一番後ろの真ん中。よし、なかなか!


そして、新八の番。
新八は…、一番前真ん中!ついてないな笑
ドンマイ。

でも、話すやつが近くにいないのは残念だ…。

「やったー!一番後ろアル!」

叫んでいるのは、神楽。
えっと…、俺の右横!?


沖田「よぉ…」
神楽「よぉ!後ろイェーイ」
沖田「後ろ、イェーイ…」

銀「よし、山崎乙!この席で頑張ってくれ。」

まあ、新八とは休み時間に喋ればいいか。

銀「次にだが…、夏休み講習について…。もうすぐ夏休みだが、一応全員参加だ!」

進学校だから仕方ない。
1年の時も2年の時もあった。
俺も夢があるから頑張っているけど…。

神楽「沖田君、沖田君!」沖田「ん?何?」

神楽「沖田君は風紀委員?」

沖田「おう!てかねーだろ?スカートの下ジャージって…。夏だし…」

神楽「え、えっと…、私、日光に弱くて…。」

沖田「!?ごめん!そんなこと知らずに…」

神楽「いや、大丈夫アルヨ。少し弱いだけだから」

俺は神楽のこと全然知らない。知らないけど、、知らないけど…。

神楽「はい!このはなし終わり!」
沖田「すまねぇ…。」


銀「次にだが夏休み終われば学園祭だ!団長とか決めなくてはならないが…。
次の時まで考えといてくれ」

神楽「沖田行けヨ」
沖田「…はぁ?俺!?なんで!?」

神楽「しっー!」
沖田「すまねぇ。神楽こそ行けば?」

あいつがいきなり沖田と呼び捨てで言ってきたから、思わず俺も呼び捨てしてしまった。
普通にスルーされた。

神楽「なんで?」
沖田「こちらもなんで?」
沖神「wwww」


そこで1時間目終了のチャイムがなる。

山崎「きりーつ、れい」
「「「ありがとうございました」」」

「神楽ちゃん!」
「神楽ー、離れちゃった!」


終了するやいなやクラスの女子が神楽のところに集まる。改めてびっくりした。とにかくすごい。俺なら疲れる。

俺はとりあえず席から離れる。

沖田「新八!」
新八「沖田さん、どうしたんですか?」

沖田「あれを見て下せぇ…。やばい…。」
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 00:32 ] 銀魂 SS 夢小説 | TB(0) | CM(2)
\(^o^)/
うまいなぁ蓮しゃん。ほんとなんか小説と雰囲気一緒で読みやすいよ\(^o^)/
新八と山崎をちょくちょくだしてくるところいいwww好きだわw
[ 2010/10/31 15:33 ] [ 編集 ]
Re: \(^o^)/


とら

さんくす!!
でもそろそろストックがないwww
[ 2010/10/31 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

蓮

Author:蓮
蓮(れん)です。

銀魂
の夢小説、SSを
執筆中。

ただいま銀魂にはまり中。

相互LINK募集。

沖神を愛しております。

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
二次小説
831位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。